読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライト君の日記

脱非モテ! ストナン童貞の日々を綴ります。

理想の人?ー後編

2年半前、最愛の彼女に振られた。

いつまでも彼女が忘れられなかった。

僕は8キロ痩せて、おしゃれな服を身にまとって、半年後もう一度彼女に告白した。

彼女にはすでに別の彼氏がいた。

僕と別れて2人目の彼氏だったらしい。

1人目の彼氏と別れた原因は彼女の浮気だったそうだ。

 

-------回想オワリ--------

 

 

 

 

福岡のナンパ師忘年会が終わってからの1ヶ月、ナンパのモチベーションは最高潮だった。

 

「お姉さん元気?」ガンシカ

 

「それめっちゃ可愛いね」オープンも和めず

 

「雨濡れるから傘入りな」ガンシカ

 

「お姉さんなんか暇してるっぽいね」暇じゃないと即答

 

 

 

「なかなか結果が出ないよ〜〜〜〜」

f:id:jupiter6920002000:20161211180702j:plain

 

とまぁ、結果は散々だったけど、特に悲観もしないで楽しくナンパをしていた。

1ヶ月で50声かけはしたかな(はい、別に多くはありません笑)。

 

 

 

とにかくPUAの方と合流するのが楽しくて、女の子に話しかけるのが楽しくて、アポに行くのが楽しかった。

 

 

女の子は即るためにいるんだと本気で思ってたし、特定の誰かに本気の恋愛なんて出来そうもなかった。

 

 

 

 

なんとなく思ってたのが、こんなしょぼ腕の僕について来てくれる女の子はきっと僕が好きになりそうな女の子じゃないんだろうなってこと。

 

なんとも逆説的ですがwww

 

これが俗に言う、「ナンパ師のパラドックスです(適当)。

 

知らず知らずのうちに、オープンしそうな子、Lげ出来そうな子、即れそうな子に声をかけてて(即れたとは言ってない)、そういう子と楽しい時間を過ごせても、好きになることはなかった。

 

結局その空間はルーティンや即につながるメソッドで塗り固められた偽りの空間だったから。

 

 

 

 

 

 

仕事の疲れで久々にゆっくり休む日曜、ふとラインを見ながら思う。

 

 

 

(´-`).。oO「もうすぐクリスマスだし、ザオラルメールでも送るか」

 

 

 

この1ヶ月で番げした子に適当にザオラルを飛ばす。

 

 

(´-`).。oO「えーっと、あっそうだそうだ。この子はどんりざさんと相席屋に行った時にLげしたカタ子だ。とりあえずこの子にも送っとこう」

 

 

 

 

 

 

 

ラ「クリスマスも近いけど、いい人出来た?」

 

ピローン♪

 

カタ子「とくに出来てません」

 

ラ「いい人いたら諦めようと思ってたけど、ご飯だけでも行かない?」

 

ピローン♪

 

カタ子「いいですよ^ ^」

 

 

 

いや、いいんかーーい!www

 

 

あまりにあっさりアポが決まりその日一番のツッコミをかましてしまった!

 

 

 

 

 

とりあえずどんりざさんに報告し、アポ時のアドバイスをいただく。

 

年下やけど頼りになるでほんまに!www

 

逆放流とチングダっていう絶妙にイジりやすいネタまで提供しやがって!ww

 

 

 

 

 

 

(´-`).。oO「もう死に番気味の子だったし、嫌われてもいいから準即にコミットしよう!・・・・・・ ってか顔どんなだったっけ?」

 

 

とまぁ、多少の不安を感じながらもアポ当日。

 

 

 

 

 

牡蠣国パルコで待ち合わせていると、ニットにスカートという僕好みの出で立ちでやってくるカタ子。

 

 

(´-`).。oO「あれ? 普通に可愛くね?  え?ってかライ値7くらいあるくね?」

 

 

前回のブログでライ値5と言いましたが、普通に可愛かったです。

 

 

そのせいで、いつものスト高地蔵が発揮されてしまった僕はトークが空回り。

 

 

 

 

 

ラ「そのカバン昨日買ったの? 買い物好きだもんね」

 

 

(´-`).。oO「ちがう、これ声かけする時のやつで、はるさんに教えてもらったやつやん!」

 

 

カタ子「え?相席屋のとき違うやつでしたもんね! よく覚えてましたね笑」

 

 

ラ「え?あっうん。そうだ…よねー( ゚д゚)」

 

 

変なラッキーパンチが当たりながら、なんとかお店に到着。

 

 

最近のアポ負けが脳裏をよぎる。

頑張れライト君!

f:id:jupiter6920002000:20161220171541j:plain

 

 

 

お店に入ってからは多少のハプニングがありながらも、路線を戻し平常運転。

軽いディスりで和みながら、少しずつカタ子の内面に入り込んでいく。

 

 

 

 

(´-`).。oO「ふっ、やはり僕はアポの方が強いんだよ! アポさえ決まればこっちのもんだ! 和んで即ってやるぜ! イヒヒヒヒ笑」

※僕のスタンスは誠実系です。

 

 

 

話を聞くと、相席屋が終わってからのラインですでに僕をいいなと思ってくれていたらしい。

でも色んな女の子と遊んでそうだという警戒心もあったとのこと。

今日はもう一度誘ってくれたから、勇気を出して来てくれたらしい。

 

 

カタ子は恋愛にすごく奥手。

彼氏は四年前に1人だけいたけど半年で別れる。

超人見知りでちゃんと相手の目を見て話すのが苦手。

すごく知的でおしとやかで自分をしっかり持ってる。

声は低めで小さくてコミュ障の典型みたいな喋り方なんだけど、笑顔も笑い声も素敵だった。

 

 

(´-`).。oO「なんか、いつもナンパで僕について来てくれる子とは違うような……。

えーい、まやかしだ! 女なんてみんな一緒だろ! 元カノにどれだけの仕打ちをされたんだ!」

 

 

 

 

 

それから一次会のお店を出て、少し歩く。

 

 

(´-`).。oO

どんりざ「ハンドテストは重要ですよ!」

f:id:jupiter6920002000:20161218163642j:plain

 

 

(´-`).。oO「せやせや、あのチングダどんちゃんが言うてたやつやらな」

 

 

 

 

ラ「外めっちゃ寒いね! どうしよっか!」

 

カタ子「うーん、もうすぐ終電なんだよね」

 

ラ「そうなんや。あったかいとこなら◯◯駅の近くにあるで(ライトパレスの最寄駅)」

 

カタ子「それライト君ちじゃろ笑 行かんから!笑」

 

ラ「でも終電まで時間あるし、どっかもう一軒行こうよ! ほらっ、市内詳しいやろ? 探して探して!笑」

 

カタ子「仕方ないなー。あー、めっちゃ寒いよ」

 

ラ「こうしたら寒くないやろ! ほら早く早く」

 

で手を繋ぐ。

嫌がる素振りなし。

ハンドテストクリアでっせ、どんちゃん!www

 

 

 

 

 

それから二次会にいく。

カタ子はお酒があまり得意ではなく、少し酔っ払ってきた。

酔ったせいなのか、しっかり和めたおかげかカタ子の声のトーンがさっきより高くなって、こっちにも楽しそうなのが伝わる。

 

 

それから、家族の話、昔の恋愛の話、好きな音楽の話、好きな食べ物の話、どうでもいい他愛のない話をたくさんした。

 

 

言葉では言い表せないけど、そこはいつも嘘で塗り固められた空間なんかじゃなくて、普通にリアルで楽しかった。

 

 

(´-`).。oO「なんだこの気持ちは」

 

 

自分でもこの感情の意味がよく分からなかった。恋愛工学を学んでから、特定の女の子に抱いたことのない感情だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二次会も終わり、終電もギリギリの時間。

走れば間に合うくらい。

でもお互い手を繋いで何も言わない。

無言のまま歩きながら終電の時間が過ぎる。

 

 

 

ラ「終電もうなくなったね」

 

カタ子「うん」

 

ラ「どうするつもりなん?」

 

カタ子「どうしよっかな」

 

ラ「うちくる?」

 

カタ子「えー、どうしよっかな」

 

ラ「カタ子の嫌がることは絶対せんよ」

 

カタ子「うーん」

 

しばらく考えるカタ子

 

僕はもう相手の判断に委ねることにした。

 

 

 

カタ子「・・・部屋はあったかいんじゃろね?」

 

カタ子はいたずらっぽく笑った。

 

 

 

ライトパレスin。

 

 

 

軽く話して、すぐに2人でベッドに入った。

電気を消して手を繋いだまま、しばらく無言だった。

 

 

 

ラ「なんか緊張して眠れそうにないわ」

 

カタ子「緊張とかせんでええよ」

 

そこからお互い向かいあってキスをする。

 

カタ子は震えていた。精一杯勇気を振り絞って話してるのが伝わる。

 

 

そして、丁寧に丁寧にゆっくりゆっくり時間を使って優しいセックスをした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝起きると、すやすや隣で眠っているカタ子。

可愛くて、じっと見ていると目を覚ます。

 

カタ子「おはよ。あんま見んでよ。恥ずかしいじゃろ」

 

ラ「いやいや昨日もっと恥ずかしいことしたやん!」

 

カタ子「バカ!」

 

 

僕はカタ子を強く抱きしめた。

 

 

ラ「俺さ、大人になってちゃんと恋愛したことなかったんよ。やけん、こんな時なんて言ったらいいかよく分からんけどさ」

 

カタ子「うん。」

 

 

 

 

 

 

 

ラ「…………俺と付き合ってほしい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jupiter6920002000:20161220173547p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(´-`).。oO

「今なんて言った?え?ツキアウ? え? 僕が? 誰かと? えーーーーーーーー!?」

f:id:jupiter6920002000:20161211180325j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カタ子はしばらくうつむいて、その後ゆっくり顔をあげた。

 

カタ子「どうしよっかな」

 

カタ子はいたずらっぽく笑った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、長々と駄文を書き連ねてしまって申し訳ありません。

ここまで読んで下さった方ほんとうにありがとうございます!

 

 

僕はなんかよく分かんないですが彼女が出来てしまいました。

二年半ぶりの彼女です。

 

 

野党「おいおい、ブルーの二番煎じか!」

 

野党「お前はブルーと違って、たいして結果も出してねぇだろ!」

 

野党「お前はハナっからナンパ師には向いてねぇしょぼちんだろ!」

 

 

はい、すべてごもっともでございますm(_ _)m

全て真摯に受け止めます。

 

 

正直これからどうすればいいか僕も迷ってます。

あっさりストナンを卒業すべきか否か。

 

 

悩んだ挙句、卒業はいたしません!!

 

 

 

一同「いや、せんのかーーーーい!」

 

 

 

だって、せっかく牡蠣の国でPUAが盛り上がりを見せ始めた矢先に卒業なんて、あんまりだーーい😭😭😭😭

 

 

年明けには牡蠣国新年会もあるし、瀬戸内ナンパダービーもあるし、福岡にも遊びに行きたいし、何よりナンパを通して出会えた同志とこれからも楽しみたい!

 

 

 

彼女のことは、ほんとに好きでこんな気持ちにしてもらえたことはすごく感謝してる。

もしかしたら彼女を悲しませる結果になるかもしれない。

でも、僕は恋愛工学生としてこの恋が本当に幸せな結末を迎えられる恋なのか確かめる義務があると思う。

 

 

 

ナンパのスタンスは変わるかもしれない。

 

罪悪感に押しつぶされて、ナンパなんてすぐに辞めてしまうかもしれない。

 

あっさり別れてまたこの世界にどっぷりハマるかもしれない。

 

未来は何も分からないけど、とりあえず今は彼女を大切にするし、ナンパもする!

 

的な結論で僕の中では落ち着きました。

 

 

 

ブルーさん、今度相談乗って下さいね笑

 

 

 

とりあえず、牡蠣の国新年会は参加予定です。

 

ズシ男さん合流はよっwww