読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライト君の日記

脱非モテ! ストナン童貞の日々を綴ります。

牡蠣国新年会

1月某日

 

ここ牡蠣の国で新年会が開催された。

 

今をときめく牡蠣の精鋭が一堂に会するこの宴はズシくんの乾杯で幕を開ける!

 

ズシくんほんとに幹事ありがとう!

 

思えば、初めてどんりざさんと合流したのがもう3ヶ月くらい前。

 

 

 

それから、少しずつ牡蠣の国での仲間が増えていった。

 

ソロでも、コンビでも、牡蠣国は自分のビギナーストを支えてくれた街。

 

そんなこの街で新年会なんて、とても感慨深い。

 

 

 

今宵の宴はしょぼちんライトを含めた11人のPUA。

最後だしみんな紹介しよう!

 

 

 

 

若手切手の有望株

パピコくん@papi_pua

f:id:jupiter6920002000:20170109200018j:plain

昼スト以降の街を知らない、生粋の健全ナンパ師。

今後、夜ストしだしたら、めっちゃ即報あげるんじゃない!?

 

 

 

イケメン優男

みるきーくん@gvnqxCf2q38uJxX

f:id:jupiter6920002000:20170109200324j:plain

野性で活動していただけあって、声かけに定評がある!

まさかの同い年だったし、もっと一緒にやりたかった!

東京遠征はよっ!笑

 

 

 

濃い顔イケメン&塩顔イケメン

へぼいもPUAの「へぼ」と「いも」@skydo77

f:id:jupiter6920002000:20161228175225j:plain

半年で50即の化け物ナンパ師コンビ。へぼいもとは何者だ!?

間違いなくこの2人が牡蠣国のツートップなのは言うまでもない。

牡蠣の女がこいつらに食い荒らされるのも時間の問題だ。

2人とも口が達者で口が悪いクソガキ笑

 

 

 

牡蠣の優等生

ズシ男くん@V3X0c 

f:id:jupiter6920002000:20161228175108j:plain

幹事お疲れ様。既セクのメンテと新規ストの割合が絶妙。

甘いマスクでスト高を狙い撃つ凄腕。

既セク鉢合わせ記事UPはよっ!www

ってか牡蠣イケメン多すぎん?www

 

 

 

無地蔵の帝王

ぴかおくん@12t235x 

f:id:jupiter6920002000:20161228175603j:plain

GTで「めっちゃ肉まん美味しそう」ってあんな元気に言えるのは、後にも先にもぴかおくんだけだろう。

逆3でも関係ない。

ほんと無地蔵の極意教えてくれ笑

とりあえず、ダンジョン即はよっ!

 

 

 

ストイックPUA

どんりざさん@monhaaaan2910

f:id:jupiter6920002000:20161218163642j:plain

全ては彼から教わった。ストイックで妥協のないナンパスタイルは憧れでもある。

間違いなく今後の牡蠣国を背負っていくだろう。

逆放流、チングダに続く新たな異名が今宵も生まれたね。

「こっちの方が、まだマシ」

いや、マシて!!笑

 

 

 

既婚者PUA

フルフルさん@fruitfleur 

f:id:jupiter6920002000:20170109201632j:plain

謎多き人だったけど、めちゃくちゃ面白い人!

一緒にナンパしたかったです。

とりあえず、、、娘さんパスはよっ!笑

 

 

 

キチGUY

勃起さん@4545teacher 

f:id:jupiter6920002000:20170109201825j:plain

アカ名もさることながら、驚くのがそのクレイジーな見た目。

とりあえず街で会ったら目をそらすタイプ笑

勃起さんとコンビ組んで成功する秘訣!!!

それはどれだけ早く勃起さんを放流できるかです!笑

冗談ですよ笑

 

 

 

みんなのパパ

サッカーさん@gold_expe

f:id:jupiter6920002000:20170109203931j:plain

全てを包み込む優しいオーラと会話運び。

こりゃ女もイチコロや!

牡蠣国のゲットを一番喜んでくれるのは他でもないサッカーさんです。

出来損ないの息子たちですけど、今後もよろしくです笑

 

 

 

とまぁ、こんな楽しい面子に囲まれてしょぼちんライト君はとても幸せでした。

f:id:jupiter6920002000:20161211180325j:plain

 

 

 

熱いナンパ談義、下ネタ、女の話、時間はあっという間に過ぎた。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

終電間際、新年会はお開き。

 

でもここからが本番だ。

 

なぜなら僕らはナンパ師で、ナンパを通して知り合えた仲間だから。

 

 

誰かが言った。

 

「今日はせっかくだし、コンビスト限定で競いましょ!」

 

「じゃあ、ルールは再来週に控えた瀬戸内ナンパダービーと同じルールで!」

 

あれよあれよと言う間に、ナンパダービーの模擬戦が始まった。

 

 

急遽、ライト転勤グダで参加出来なくなってしまったイベントだったので、純粋に嬉しかった。

 

 

コンビはじゃん勝ちから指名性。

 

勃起さんが最初の指名権を手にしてあたりは静まる。

 

 

勃起さんは嫌、勃起さんは嫌、さながらハリーがスリザリンを拒絶するかのように、心の中で強く念じたwww

 

勃起「じゃー、どんりざくんで!」

 

どん「あーーー」

 

一同「ほっ」

 

的な下りを経て、僕は牡蠣国トップツーの1人へぼいもの「へぼ」くんとコンビを組むことに!

 

勃起さん、半分冗談ですからね!笑

 

 

 

 

 

 

 

ライト「おっしゃ!やったろー」

 

へぼ「兄さん、適当にやりましょ。どうせ即れるんで笑」

 

(´-`).。oO「相変わらず生意気なクソガキで、今日も余裕ぶっこいてやがる。いや、でもこれは頼りになるな。今日はいろんな童貞を卒業出来るかもしれないぞ!」

 

 

 

 

ってな感じでプレダービーin牡蠣スタート!

 

 

 

ライ「さて、どうする?」

 

へぼ「とりあえず、おでんでも食べながら地蔵トークしましょうや」

 

 

へぼいもの「いも」くん&パピコくんコンビと一緒にセブン前でおでんを食べながら地蔵トーク。

 

(´-`).。oO「いや、ストせんのかーーい!笑」

 

まったり30分くらい地蔵トークして、ようやく立ち上がる。

 

へぼ「それじゃ行きますか」

 

へぼライトコンビはスロースタートだぜ!なんて余裕をかましながら声かけ。

 

 

 

 

 

1声かけ目。

相席屋から出てきたっぽい二人組。

 

 

へぼ「ここって相席屋ですよね?」

 

「あっ、そうですよ」

 

へぼ「キャッチから聞いてきたんだけど、どんな感じだった?」

 

から、和む。

連れ出し手前、

 

相席屋キャッチ「あれ?へぼくんだよね?」

 

へぼ「ちがいまーす」

 

まさかの身バレでその場を後にする。

 

(´-`).。oO「こいつ牡蠣で有名人じゃねぇか!」

 

 

 

 

 

2声かけ目。

居酒屋から出てきたっぽい二人組。

 

 

へぼ「この居酒屋って空いてます?」

 

「あっ、空いてましたよー」

 

へぼ「どんな感じだった? 何時までやってんだろ?」

 

からの和み。

 

(´-`).。oO「うーん、自然やなー。オープンはへぼくんに任せよう」

 

残念ながら、友達を待ってるようで放流。

 

 

 

 

へぼ「案件いませんねー」

 

ライ「うん。まぁでもこの感じだと連れ出しはいけそうやね」

 

ほんとに心強い味方だった。これが凄腕か。

 

 

 

 

 

 

3声かけ目

 

へぼ「あの二人組行きますか」

 

ライ「ちょっ待って、あっちの二人組の方がたぶん可愛いよ。信号青なのに渡ろうとしないし」

 

この案件変更が的中。

 

 

へぼ「今日って飲み会終わり?」

 

「いや、今二人であったとこだよ」

 

片方は一人で飲んでいたらしい。(スト値6.5/キャバ嬢っぽい見た目。以降キャバ子)

もう一人は仕事終わりで合流したそう。(スト値4.0/あんまり可愛くない。以降ブス子)

 

 

数分和んでバー連れ出し。

 

 

へぼ「ライトさん、赤いマフラーの方担当でお願いします」

 

(´-`).。oO「えーっと、赤いマフラーの方は・・・、いやブス子やん!笑」

 

さらっとブス案件押し付けてくるあたり、さすがや!笑

 

バーではブス子と対面でトークを回す。

 

ブス子を褒め、キャバ子をディスるイメージ。

 

へぼくん基本トークサボる。

 

(´-`).。oO「おいおい、サボりすぎやろ!」

ここで、ブラックライトが顔を出す

(´-`).。oO「いや、キャバ子の食いつきあげて、へぼくんにバレないようにギリギリで担当替えや!」

 

バーを出ると、雨が降っているため、コンビニで傘を2本購入

 

 

ライ「よっしゃ、キャバ子これから雨デートしよっか! それじゃへぼくん後よろしくー」

 

キャバ子「イェーイ! いこー!」

 

(´-`).。oO「食いつきありやし、ええよな!笑」

 

そんなこんなでセパって居酒屋連れ出し。

 

キャバ子「え?本当に? 友達どこいったん? 電話するわ」

 

ライ「もう二人とも大人やで。二人で楽しんどるやろ。それよりこっちはこっちで楽しもう」

 

(´-`).。oO「へぼくん、ブス子任せてごめん。こっちはこっちで頑張って仕上げるからコンビ即目指そう!」

 

 

結構友達大丈夫?グダ多くて苦戦。

今日会ったのはブス子から打診があったそう。キャバ子の家は遠くてブス子の家に泊まる予定だったらしい。

 

 

とりあえず、ブス子とこの後どうするか頻繁に連絡を取っている。

 

(´-`).。oO「うーん糸口がつかめない」

 

ピローン♪

 

へぼ「ヨネスケ

 

(´-`).。oO「まじか!さすが凄腕!そのまま即って携帯使わせんでくれ」

 

本当にすげーやつだ!

 

へぼくんヨネスケ成功も、まだブス子と連絡が取れているキャバ子

 

(´-`).。oO「ヨネスケしてもすぐにやれるわけじゃないもんな。ここはへぼくんが即るまで粘って、ブス子と連絡つかんくなったところで、ホテル打診、もしくはカラオケ打診からのギラで決まりや!」

 

 

完全にコンビ即までのイメージは見えた!

 

 

でもなかなかブス子と連絡が途絶えないキャバ子。

(´-`).。oO「くそー、俺の力だけじゃ、このグダは崩せないのか!へぼくんの即に期待しながら時間を引き延ばそう」

 

 

 

 

キャバ子「なんかブス子が家に来て欲しいって言ってるから行くね」

 

f:id:jupiter6920002000:20161220173547p:plain

 

 

ライト「いやいや、へぼ君家おるんやろ? もう邪魔せんとこうよ」

 

キャバ子「いや、でも今日はもともとブス子の家泊まる予定やったし、私がいったらすぐへぼくん帰るんやない? とりあえず行くわ」

 

ライト「ちょっちょ待って。いやー、そんなんいいやん。二人の時間は二人の時間でさ。」

 

全然言うことを聞かないキャバ子。

食いつきが足りんかったのか?

それとも形式グダ?

わからん!どうすれば!

とりあえず、今は連絡取れてる状況かもやけど、へぼくんは間違いなく即るから絶対連絡の取れなくなる時間はくる!

 

 

 

それまで粘らないと、へぼくんの即もなくなる。

 

 

 

ライト「もう察しようや。ブス子もキャバ子を家に呼んだ手前、こんで欲しいなんて言えんって。でも男家に連れてきてる時点でそいうことやん? キャバ子から行けなくなったっていうのが友達のためなんやない?」

 

 

この言葉が完全に誤爆スイッチだった。

 

 

この言葉を皮切りにみるみるうちに食いつきが下がっていくのがわかる。

もう、ブス子の家に行くのを引き止めてる感じが完全に非モテのそれ。

 

 

あーーー、これは完全に終わった。

さっきまでつないでた手も離される。

 

 

キャバ子がブス子に送ってるライン内容

「ライト君がうざいんだけど」

※ブス子のラインを写メったへぼくんからの後日談

 

 

悔しいです!

f:id:jupiter6920002000:20161228175603j:plain

(※ぴかおくん使っちゃったごめん笑)

 

 

 

 

結局、少し歩いてブス子の家に着いたところで、ブス子に電話。

 

出ません!!!wwww

 

そりゃそうや! 牡蠣国ラインではへぼくんがフェラ写、即写あげてるもん!

 

 

 

キャバ子「マジなんなん! 自分で家呼んでおいて電話でんとか頭おかしいやろ」

 

 

(´-`).。oO「はい。この未来が見えたので私は、引き止め続けたんです。そしたら君はどんどん食いつき下がってきて、挙句うざいって(T ^ T)」

 

 

イラつくキャバ子。

もう即を諦めて、とっとと放流したいライト。

マンション内では即ってるへぼくん。

なんやこれ。

 

 

 

 

ーーー20分後ーーー

キャバ子「はぁ、もういい。帰る」

 

ライト「まだ始発ないやろ? どうするん?」

 

キャバ子「わかんない。もうイライラする!」

 

ライト「まぁそうイラつくなよ。始発までカラオケでもいこっか」

 

キャバ子「そうだね」

 

 

 

あれ?ここに来てカラオケ打診通りましたけど?

 

まだチャンスあるのか!?

 

 

すぐにへぼくんにライン

 

「とりあえず粘れ!」

 

 

 

カラオケin!!!!!

 

 

 

抱き寄せて、手を握る。

多少驚かれてるけど、最低まで下がったさっきまでの食いつきに比べたら全然いい。

 

キスしようと迫るもグダ。

 

(´-`).。oO「はいはい、これがキスグダね。いいよいいよ。こっからゆっくりグダ崩してくから!ようやく楽しくなってきたぜ。」

 

 

ブーブーブー♪

 

ブス子からの電話。

 

ブス子「へぼくんに携帯取られてたー。連絡できなくてごめん。今から家来てー」

 

キャバ子「そっか、わかった。行くね」

 

f:id:jupiter6920002000:20161220173547p:plain

(二度目のえ?が出ました!笑)

 

 

 

 

へぼくん「もう即って家出ましたー!粘ってってどういう意味です?」

 

 

ライト「よし、いっぺん面かせ!」

f:id:jupiter6920002000:20170109221442j:plain

 

 

 

 

はい、というわけで、安定の坊主でしたーーー。

 

 

引き止める時は、ほんとみるみるうちに食いつき下がっていくの分かって、マジで悲しかったー!

 

客観的に見ても、あー今俺めっちゃ非モテ感出ててうざいなーってなってた。

 

 

 

 

クソーーー(T ^ T)

初のスト即はこの日もお預けでございました。

 

 

反省点

・とにかく食いつきが足りない。

・女の子の言葉に振り回されすぎた(多少の強引さもあってよかった)

・へぼくんの案件がよく分からないビッチだった。(まずへぼくん家に上げてる時点で即られるやん! じゃぁ友達呼ぶなよ! そんで呼んだのに、携帯取られてたーじゃねぇーよ!www)

 

 

 

 

 

 

朝、5時。

結局この時点で即れたのは、へぼくんオンリー。

みんなで集まって坊主飯。

 

 

へぼ「ライト兄さんが、案件変更とかするからですよー。僕がキャバ子担当してたら、コンビ即行けましたよ!」

 

 

(´-`).。oO「えーえー、即ったやつはなんとでも言えるよね。人の苦労も知らないで(T ^ T)」

 

 

へぼ「ガチめに言うと、女の話とか適当に聞きながさないかんっすよ。あとはあの状況なら、兄さんもブス子の家きて4P即行けたんじゃないですか?」

 

 

(´-`).。oO「えーえー、勉強になりました。4P即はライトのガチグダ入るんでごめんなさい」

 

 

 

 

と、多少いじけながらも、みんなで楽しく坊主飯を喰らって、楽しいプレダービーとなりましたとさ。

 

 

そして、おそらく牡蠣でのラストストも後々語れるエピソードができたと思えばよかったかな。

 

 

へぼくん、東京来た時は、コンビ即リベンジするぞ!!

次はこっちにパスしろよ!www

 

 

 

そして牡蠣の皆さん、本当にお世話になりました。

東京でも、根気強くストを続けていくので、東京に来た際は是非ご連絡ください。

 

 

GTでへぼいもの「いも」くんがソロ即を決めたとのこと。

 

 

だから「へぼいも」って何者だよっ!www